「特定不妊治療費助成制度」とは…

不妊治療における経済的負担を軽減するために、医療保険適用外で治療費が高額となる体外受精及び顕微授精の治療費の一部を助成する制度です。

厚生労働省と各都道府県の自治体が、助成金を半分ずつ負担して行なっています。
その内容は…

  1. 体外受精や顕微授精にかかる費用のうち、1回あたり上限15万円を年2回まで助成する。
    ただし、治療途中(薬剤による誘発の段階)で、採卵に至らず中止となった場合には助成の対象とはなりません。
  2. 通算で5年分まで受けることができる。
  3. 所得制限は、税引き後の手取り額が夫婦合わせて730万円まで。
所得額の計算方法

また、市町村などの地方自治体が独自で行なっている助成制度もございます。
内容はそれぞれの自治体によって異なりますので、詳しくは現在お住まいの役所や保健センターなどでご確認下さい。給付の対象となる場合には、上記の助成金と併せて受けることができます。


【参考】
不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧(厚生労働省HP内にリンク)

特定不妊治療費助成制度 −都道府県・市町村別リンク−
上へ
ウィンドウを閉じる